身勝手な想像に、愛を込めて

JUMPちゃん沼にハマった働くアラサーが知念侑李をひたすら愛でる想像ブログ。

「真剣SUNSHINE」のカップリング曲の感想。

今週、我らがHey!Say!JUMPの新曲「真剣SUNSHINE」が発売されましたねー!ぱちぱちぱちーっ!なんとなんと、初動売上が20万枚超え、且つ、前作の「キミアトラクション」を上回ってるそうで、JUMPちゃんの最近の人気はなまる急上昇ぶりを正に証明しているなと思っている今日この頃。さてさて、前回も言っていたかもしれませんが、私、リード曲よりカップリング曲がお気に入りなもんで、その感想を簡単に気持ちのままにズバッと真剣(まじ)書いていきまっす。

 
パーリーモンスター
7ちゃんの楽曲ですね。だいすきだよ〜!パリモン〜!うぇ〜い!
なんかさあ、ロック!いい感じにロックじゃない?!ダンスロック!(というジャンルがあるるのかは知らないけどよ)踊れるロックだと思う!ノリが良くて好き〜!
まあまあ、なんといっても、この歌の最大のポイントは圭人ですよね。圭人くんの英語のラップパートね!あそこの声がいいよね!前作「キミアトラクション」のc/wの「Shall We?」でも圭人の歌い出しの歌声がなんかハマってて好きだと言ってたけどさ、JUMPちゃんってメンバー全体的に声質が甘いというか、抜けのいい声だなと勝手に思ってて、その中で圭人だけ唯一ちょっとハスキーな声なんですよね。定番のアイドルソングとかだと不利に思われがちだけど、だからこそこういうロックテイストな曲にはめちゃくちゃハマるんですよ。たまんねえな、おい。あと、これも勝手な気持ちなんだけど、圭人って英語しゃべれるけど発音はちょっとネイティヴではないじゃないですか?(毒)(い、いや、普通の人に比べたら全然上手なんだけど、スク革*1でパックンと並んで英語読まれたりしたら、なんか一気に日本人感出る…みたいな…圭人、ごめんよ。)だから、曲中の大切な英語ラップパートは、果たして歌い方として正解なのかは知らないけど、中高生時代に培った英国気質のノリ?とか、圭人独特の舌足らずな歌い方がらしさが出てて……および先に書いたハスキーボイスが絶妙に混ざり合いまして、結果、見事に私の中にハマりましたよね。ありがとうございます。おかげでリピ率No.1です。早くライブで酸素足りなくなるほど死に物狂いで歌ってる圭人の姿を拝みたい。ちょっと前かがみで歌うのかな。右手をちょいちょい投げ出しながら歌うのかな。(想像力)やばい、圭人のことしか書いてない。でも終わりです。(強気)
 

Speed It Up

最近のコンサートはおふざけ中心のBESTさんが、今回はかっこよくキメキメでやってくれるんじゃないか?と思わず期待で胸ふくらませちゃう一曲になってますよね。アップテンポでダンスも絶対かっこいい仕上がりになるんじゃないか、と。間奏長めにとってるしね。絶対バシバシ踊ってくれるでしょう。ここでコントなんかでもされたら、うちわを鋭角に投げます。(やめてください)歌詞も全体的に大人テイストでね。いやー・・・大人JUMPならぬ大人BEST好きにはたまりませんわな。

やっぱりこの曲を語るに欠かせないのが高木先輩のイケボな台詞「もっと動けよ」でしょう。いやーね、わかってる。わかってるんだよ。この狙ってる感。わかっていてても、絶対にやけてしまう。不覚にもガッツリにやけてしまう。くそーかっこいい。かっこいい。・・・ありがとう。ありがとうございます。もっと…もっとくださいぃぃ。(…)

えー・・この台詞は5月14日放送のベイジャン*2にてレコーディングの場でだいちゃんとゅぅゃが一緒に考えた、なんて話をしていましたが。いいんですか、こんなほぼほぼ下ネタ発想しかできない台詞を考えたなんて言っちゃって。Speed It Upっていう曲タイトルおよびイントロが車に乗り込む→発進音だから、車に対して、もっとスピードあげろよっていうニュアンスで言ってるダブルミーニング的台詞かなとかも思うんだけども。歌詞読む限りは、女の人とちょっと危ない関係になっちゃうことを煽る曲だし、なにより「一線超えた君は」なんて・・・それ以外に何があるんだよっていうストレートな歌詞だしさぁ。まあ、無理矢理に想像力を働かせたら、イントロのパトカーの音から欲求的衝動に任せて罪を犯してしまった2人が逃げる…的な?うーん、無理矢理か。もういいや。はい、ゅぅゃはマグロはいやなんだねとしか思えません。もう終わります。ごめんなさい。(土下座)

話は変わって、このブログでも記事にしたことがありますが、何を隠そう「有岡くんの声」担の私といたしましては、やっぱりだいちゃんの歌声が今回もたまらんです。Aメロの「目的地はFuture」の「Future」の声とかね。あと、2番の「声を聞かせてよ」の伸ばすところとかね。ほんとに好きだわ。なんかこれは私の完全な想像なんだけど、歌い終わりが口角があがってるんだろうなぁって歌ってるところがわかるんですよね。全部が全部じゃないんだけど、たまにそういう気がする。ちなみに「目的地はFuture」はきっと口角あがってる・・・気がする。その口角あがってる余韻のする声がとってもすきなんです。(※あくまで想像です。)

他の歌い方・歌声の話でいうと、今回気になったのはいのちゃんの「My Girl」3連発。ちょっと低音気味でヘタウマな感じがすき。あとは薮ちゃんの「一線超えた君はこんなにもSexy」のところね。やらしすぎないんだけど、力いれて歌ってる感じが見事にハマった。全体的に薮ちゃんはほんとうまいなぁって思う。だから今回もいいところを薮ちゃんがちゃんと歌ってるパートがあってよかった。ほんとに。

 

Eve

この曲はね、そんなにまだ聴いてないんですが(ごめんなさい)、これもゅぅゃがいいところ歌ってますよね。普段だったらやまちゃんが歌いそうなところを歌うという。なかなかびっくりな歌割り。歌割りってたぶんデモ曲渡されたあとにもらうんじゃないかと勝手に思ってるんだけど、初めて自分のパートを知ったゅぅゃの「え、ここ、俺?」っていうリアクションを考えただけで、白米いけますね。そういえば、この曲って2番ないよね。1番終わったら、すぐCメロ、大サビみたいな。の、わりに4分もあるという、まったりバラードですよね。だからこそ、歌唱力すごく測られる歌だなぁと。けど、みんな、すごく上手。多少の修正はもちろんあるだろうけれど。個人的には歌いだしの知念ちゃんが好きです。これはほんとただの好みだけど。(最近、知念ちゃんブームのせいかもしれない。)あとは薮ちゃんかな。薮ちゃんはほんと何でも上手。こういう曲でより力発揮するよね。裏声の魔術師。やまちゃんも上手だけど。

 

We Are 男の子!

今回の一連のカップリングを聴くだけで、JUMPの守備範囲の広さをまざまざと感じされますが、その一端がこの曲かなと。over20でこの曲の可愛い感じもまだ余裕でいけちゃう彼らが素敵でもあり恐ろしくも感じますが・・。パリモンとSIUのあの大人な感じはなんだったんだよ!大好きだぞ、コラ!って言いたくなっちゃいますよね。(…)

この曲といえば、ウルジャン*3で初出ししたとき(リトラ*4は抜き)になぜか倍速で流されたため、ヲタたちをどよめかせ、しかしながら倍速ver.の想像以上のハマり具合に歓喜したヲタたちがプリキュアだのおじゃ魔女ドレミだのの映像をあわせてtwitterに流しだすという謎の現象がおきましたが・・。(あれはある意味、天才だった。)

兎にも角にも、私的にもこの曲はすっごく可愛くてだいすきなんですよね。ほんとに。(ちなみに速度的には速くないほうがすきです。)歌い出しの「男の子だってね〜」のフレーズすき。ついカラオケで歌いたくなる。曲中に合いの手?みたいなのが要所要所に入ってるんだけど、それもかわいいし。Eveと違って、聴かせる歌い方じゃなくて、ほんと楽しそうに自由に歌ってるところがいいなーと。コンサートでも絶対セトリ入りしてほしい一曲ですね。

メンバー個人でいうと、知念ちゃんの歌い方のふざけ具合が最高。ほんと彼は器用ですよね。Eveとのギャップ萌えね。大好きです。(えぇ、えぇ。最近、知念ちゃんブームですよ。)あとは、やっぱり、いのちゃんの「あぁ、デートに誘いたいっ♪」のハロプロ感ね。倍速ver.(ver.は正式にはないけども)なんて完全に女の子だったからね。元々声が可愛いからね。余計に。で、何言ってるのかよくわからなった2番目のサビ中のいのちゃんの合いの手部分の答えを、今日のらじらー*5で答えてくれてましたね。「たぶん「思春期です!」だったと思う・・・」と言ってました。(その場のノリで言ってるから忘れてるそうです。)光くんの「みんなで行ったカラオケで」の可愛さ盛ってるところもひかにゃん度?高めだし、だいちゃんの「力を貸してくれえ!わー!」のところは完全に少年漫画の主人公(私の中ではドラゴンボール)でJUMP的な言い方をすれば厨二病感でてて可愛いし、いのちゃんの「あー」のときは完全にマイクに向かってデシベル計ってるだけだし、聴いてて曲的にもメンバーの歌い方的にも楽しめる一曲になっているなぁと思いました。

 

ということで、熱く語っちゃいましたね。すみませんね。久々の更新なのに下ネタもあったりで、失礼しました。またちょこちょこ思ったことを書いていきたいと考えてます。(可能ならJUMQのこと書きたいなぁ、でも書きだしたら想像以上に長くなって止まらなくなりそうだからなあ。ごにょごにょ。)それよりもまた嬉しいことがまたあったので、そのことをすぐに書かせてもらいます!読んでいただいてありがとうございました。

*1:日本テレビ系「スクール革命」の略

*2:bayfm「JUMP da ベイベー」の略

*3:文化放送「Hey!Say!7 Ultra JUMP」の略

*4:テレビ東京系列「リトルトーキョーライフ」の略

*5:NHKラジオ第一「らじらーサタデー」の略