身勝手な想像に、愛を込めて

JUMPちゃん沼にハマった働くアラサーが知念侑李をひたすら愛でる想像ブログ。

徒然JUMP日和。(メール読まれたよ!編)

どうもどうも!お久しぶりでございます。一ヶ月更新せずで…すみません。そして、久々の更新が自己満な記事で申し訳ございませんが、書かせてください!

 
とうとう!
 
とうとう!
 
ベイジャンでメール読まれたよ〜〜〜〜
 
 
はい、これ言いたいだけです←
 
もうタイトルからして出落ちも甚だしいんですけどね。twitterでも散々書いたんだけどね。うれしい気持ちが止まらないんですよ。心臓の高鳴りが抑えられないんですよ。だから書きたいんですよ。(圧)
 
えーと、テンションがおかしいので、ちゃんと説明しますと、2016年4月2日に放送されたラジオ番組「ベイジャン」こと「JUMP da ベイベー」の番組内コーナー「初心者クイズ」にて、私の送ったメールが読まれた、という話なのです。ぱちぱちぱち。(自分に拍手)
 
しかも!しかもね!(圧)
その日のベイジャンがちょうど2周年の記念の放送でして、その2周年お祝いゲストとして、まさかのちねちゃんが呼ばれて出演するというミラクル回でそれだけでも相当テンション!アップルー!(©️伊野尾慧)状態でして、ありたかもちねちゃん出ること知らなくて、サプライズみたいだったから、もう余計にファンとしても「あわわわわわ」状態で、私としても「わあー!たかちねの絡みが堪能できるじゃねえか」と、隠れたかちね推しとして、かなり喜んでいた上の採用だから、もうもう頭がパニックで…。てか、正直、思い付きで勢いで送ったものだし(だいたい、いつもそうだけど。)結構小難しいネタだったこともあり、採用されると思ってなかったので、本当に本当に驚きとうれしさで動揺がひどかった。
 
あとね、ちねちゃんに読んでもらえたということもね、すごく貴重でありがたかったし、ちねちゃんが「ぽこさん」ってRN紹介してくれたあとに、ゅぅゃが小さく「ぽこさーん」って言ってくれてさ…(泣)うううう、もうこんな幸せあってもいいのかなぁ…なんて。もうこの数分だけで、白飯、相当量食えるぞ。いや、もう白米食い過ぎて召されるぞ。(うるさい)
 
ちなみに送ったのは3月10日の23時頃でした。(全然覚えてないけど、寝る前にこのメールを送った自分の勢いすげえな…)収録日とか収録本数とかよくわかってないので、あんまり参考にはならないけど、メール送って3週間で放送されることはあり得るってことですよね。あ、あと、自分のために自分が送ったメールをそのまま載せておきます。
 
***
 

少し前に教えてもらったことをクイズにしてみました。

 
【問題】
「そのようであるならば」…という言葉は、日本人が頻繁に使う別のある言葉の語源となっています。さて、それはなんでしょうか。
(ヒントは、「あいさつ」です。)
 
正解は・・・「さようなら」です。
 
【解説】
「そのようであるならば」言い換えると「左様であるならば」が短縮され「左様ならば」となり、「さようなら」となったようです。「そのようであるのならば、その事実を受け止めて、前に進んでいこう」という日本人の素直さと前に進む強さを表した表現だと言われています。
 
普段、何気なく使っている言葉ですが、意味を知ると深い言葉なんだなと思いました。
だいちゃん、雄也くんわかりましたか?
 
***
 
てな、感じで。まあ、これは本当に最近知ったネタで、「なんか初心者クイズとか使えそうやなぁ」というヲタ発想のもと、そのままの気持ちで送ったって感じですね。なかなか真面目なクイズになりましたけど。やっぱり、ちょこちょこ送ってたら報われることもあるんだなと思いました。(ちなみに今までベイジャン送った数は片手で数えられるレベル。余談だけど、らじらーは片手足りない。)たぶん、一回採用されたから、次採用されにくくなるとは思うけど、もっと次はフランクな面白い話題で読んでほしいから、諦めずに送ろうと思いますー!やっぱり、単純に自分の言葉を好きな人が読んでくれるだけで幸せなのです。届いてるって感じが、ほんとにうれしいですし、電波を通じてでも、ちゃんと反応してくれるってことが、貴重だし、素晴らしいことだと感じられる。本当に本当に私は幸せ者です。そして、twitterで「おめでとう」って言ってくれる方々がいることも、本当にありがたいことです。ありがとうございます。
 
そんなこんなで自己満なお知らせ記事を終わりにします。読んでいただいて、ありがとうございました。