身勝手な想像に、愛を込めて

JUMPちゃん沼にハマった働くアラサーが知念侑李をひたすら愛でる想像ブログ。

徒然JUMP日和。(ヒルナンデス京都ロケ地巡り!&らじらー)

ただの日記です。

まずは自己満足なご報告から…。
前回放送されたNHK第一のラジオ「らじらーサタデー3時間スペシャル」内で私の投稿したひと言が読まれましたあ!!(ぱちぱちぱち)あぁ、ほんとにほんとにうれしくて…うれしくて…。送ったのは、たったひと言のメールで、「お米を炊くラジオなんて斬新ですね!」っていう、ほんとそれだけだったんだけど、それを光が読んでくれました。ちょっと笑ってくれて、「そうだよね」って返してくれる光。こんなコメントしようがないメールなのに、ちゃんと感想いってくれて、ほんとにうれしい。光くんの優しさを感じて、光くんのこと更に好きになりました。残念ながら、今回のラジオの企画により伊野尾ちゃんがお米を炊きにいってる間で光しかブース内にいなかったんだけど、でも、それでもうれしい。ほんとたくさんの数送られてきてるメールの中で私のメールがちゃんと光くんの手に届いて、読んでくれたってことだけでうれしい。過去、ベイジャンもらじらーも何度も送っていて、読んでもらえたことなかったから、そもそもラジオの投稿ってそんな読まれたことなかったから、読まれた事実がうれしい。

ただ、ただ、これは相当な失態なんですが、リアタイしていたにも関わらず、ぼーとしていて聴き逃すという凡ミスを犯してしまいました。あぁ、リアルタイムで喜べない情けなさ…。教えていただいて確認し、気付きました。投稿してる意味なし。いや、昔から、ながら作業が苦手でして、テレビ見ながら宿題とか出来なくて、結局テレビ見るんですよねぇ。(ただのダメ野郎)だから、らじらーもTwitter開いてたりすると、もう飛んじゃう。反省反省。

ということでご報告でした。

で、書きたかったのはタイトルにもあるように、おととい、前回の鑑賞会に続き、仲良し後輩ちゃんとヒルナンデス京都ロケ地巡りをしましたー!
2015年8月18日および8月25日に二週連続で放送された「夏こそ行きたい!男だらけの修学旅行in京都」にて紹介された京都のロケ地を無理のない範囲で、できる限り巡ろうという企画です。ロケ地巡りというのは個人的に松本潤主演映画「陽だまりの彼女」のロケ地である江ノ島に行って以来だったので、向かう途中から高揚感で胸いっぱいでした。
さて、実際巡ったのは嵐山と錦市場のみ。他は時間と体力の都合上カットです。先にも言いましたが、無理のない範囲で回るロケ地巡りなので、のんびりいきました。もう体力低迷中のアラサーは制覇することなんて初めから諦めてます(…)
いやーロケ地巡り楽しいのなんの。先ほども「陽だまりの彼女」のロケ地だった江ノ島を巡ったとは言いましたが、そのときはリア友というか、ヲタじゃない友達と元々ロケ地巡り云々関係なく江ノ島に行くということは決まっていて、そこにロケ地巡りを便乗させてもらったという感じだったんですよね。ので、喜びを分かち合う相手がいなくて、まあ、行けるだけで十分なんだけれど、でもやっぱり、いてくれたら楽しさも倍増だったんじゃないかなと思ってたわけです。
それを踏まえての今回の京都…いやー楽しすぎた。まず、当然のごとくお互い予習のうえ挑むんですが、それに加えて、予習の際に要所要所スマホを構えて動画に収めたわけです。
そして、いざ出陣。実際の放送と同じく嵐山から参りました。もうすでにテンションはかなり上がってるわけですが、その上、現地でまず動画をみます。見てる場所に自分たちが立ってるわけですね。まぁ、ヲタクあるあるなんですけど、もう何の余韻も痕跡も皆無の場所ですらにに興奮。「うおー今ここにいるよ!!」「立ってるよ!」「同じ空気吸ってるぅ〜」「みえる!そこに制服姿がみえるよ!!」と、周囲の視線は顧みずに盛り上がる。同じ熱量で盛り上がれる後輩ちゃんなので、相乗効果で予想通りは楽しさ倍増でした。そして、ロケで巡った店に行き、外観を撮り、同じものを食べ、「ここで立って食べてたー!」とまたワイワイ。そして、また次の店に移動…と、この繰り返し。嵐山ではマルーブランシュの茶々棒、西利の焼きおにぎりの京漬物だし茶漬け、西尾八ツ橋の嵐山シュゼットをいただきました。その後、竹林の中をひたすら歩き、トロッコ列車の嵐山駅、御髪神社に立ち寄り、錦市場へ移動。だいやすの生岩ガキ、魚力のハモカツとハモ天ぷら、もちつき屋のやきもちセットBをいただきました。いやー食べた食べた。すごく食べました。どれも本当に美味しかった。グルメな京都旅満喫できましたよ〜!ヒルナンデス感謝ですね!ただ、ひとつだけ、だいやすの大アサリだけ売り切れでなかったんですよね〜。残念。だいやすさんはほんっと美味しかったので、今度また行こうと思いました。元々はヲタク的ロケ地巡りの気持ちで行ってたんですけど、普通に楽しんじゃいましたね。普段、京都の代表的な観光地を訪ねることもないので、いい休日を過ごせました。ありがとう!ありひか!