身勝手な想像に、愛を込めて

JUMPちゃん沼にハマった働くアラサーが知念侑李をひたすら愛でる想像ブログ。

彼らの追う視線の先の先に向けて

本日、いよいよ24時間テレビが始まりますね。2015年、彼らにとっての節目と言われるであろうこの一年の中で代表的な出来事の一つといっても過言ではない歴史のある番組のパーソナリティーとしての出演。私も今からいろんな要素で楽しみです。(番組的に楽しみかと言われればノーコメントですが…。)

さてさて、ジュリー班に移行して以降、事務所から猛プッシュを受け、嵐の後継者とうたわれ、キスマイの対抗馬にさせられ、あれよあれよという間に、ちょっと前の過去には考えられないほどのメディアへの露出が増えているJUMPちゃんたち。自分たちの思いが追いついてるのか追いついていないのか、私にはよくわからないけれど、彼らももう大人ですから、事務所の意向を受け、スタッフとも話し合いをして、昔のようにわけもわからないまま、お仕事をさせられるわけではなく、自分たちの意思を持って果敢に挑んでいるであろうと信じながら、見守り、応援する日々です…。

そして、迎える今日。大役を果たそうとしている彼ら。想像することしかできないけど、どういう想いでいるのかなって考えてしまいます。
そんな中、このタイミングで、今日発売された山ちゃんのサタジャニ。この短い記事を読んで、涙腺が単純バカな私は泣けてしまった。あぁ、どんなファンよりもスタッフよりも、きっと山ちゃんが1番この年を待ち望んでいたんだろうなって思いました。年齢的に本当に本当に若かった彼が背負わされていたものの大きさや重さって相当なものだったんだろうなと想像するだけで、心苦しくなりました。「勝負の年」「売れたい」その言葉のひとつひとつに重さを感じてしまう。(山ちゃんについて話すとまた山ちゃん記事もう一つ書けるくらい長くなりそう。)
そんな彼を含む9人の活動してきた長い長い時間と想いは、きっと彼らにしかわからないから、軽々しく言葉で表現することなんてできない。けれどきっと、8年経った上での今日という日が、大切な大切な一つの機会、一つの通過点として、彼らは先の明るい未来を信じて更にまい進していくのだろうと思います。チャンスであってもゴールではないから。大切な大事な一歩なんだと思う。先の夢のためにも今日を着実に滞りなく無事に成功することを祈っています。
たかが24時間テレビだけど、されど24時間テレビ。正直、出たからって売れるわけでもないし、むしろ陽の目を浴びることで今の実力を評価される場になるわけだから、ある意味、怖い場でもあるでしょう。何が起こるかわからない生放送。リトラでもあんな調子だからな、ちょっと心配だけど、頼もしい生放送慣れしたいのっちパイセンをはじめとするV兄さんがいるから大丈夫でしょう!
願はくは今彼らの頑張る姿が、彼らを知らない誰かの目に触れて、彼らのことを気になってくれる人ができるきっかけになりますよう。
今日明日が彼らの夢につながるように。