身勝手な想像に、愛を込めて

JUMPちゃん沼にハマった働くアラサーが知念侑李をひたすら愛でる想像ブログ。

相葉雅紀担にオススメしたいHey!Say!JUMP

嵐担にオススメしたいJUMPちゃん第3弾です。なかなか無理矢理でこじつけ気味なネタだと常々感じておりますが、本当はただただ私が嵐さんたちの好きなところを書きたかった。そして、嵐担さんの方々にJUMPちゃんのことを知ってもらいたかった。ただ、それだけ。それだけを目的に書き続けております。クオリティは低すぎるのは承知の上ですが、ひとまず5人分、ちゃんと書こうとは思っているので、見捨てずにお付き合いいただければ幸いです。

 

さて、今回はみんな大好き相葉ちゃん担にオススメしたいJUMPちゃん。もう先にネタバレします。(予想つくと思うので)

・・・はい、有岡大貴くんです。このネタを書き始めたときに決めてました。絶対、相葉ちゃんは大ちゃんだなと。では、書いていきます…。

 

相葉ちゃんの魅力はなんといっても、その愛すべきキャラクター。彼がいるだけで場が和むような、あったかい気持ちになれるような、そんな空気を放っている人。私の中で、いつも笑っているイメージでキラキラした太陽みたいな人。優しい人。それは、相葉ちゃん自身が生まれ持った性格的気質はもちろんだけれど、彼が数年に渡り、今まで経験してきたバラエティ等々により形成(期待?)された「相葉ちゃん」というキャラクターの要素は大きいと思っていて、その周りから期待されるポジションに忠実に応えようとするひたむきさや真面目さもまた彼の魅力だと思う。(本当はニノに負けず劣らず実は器用で、ダンスも上手なんだけど、キャラにあんまり合わないから強調されていない気がする。)でも、なんだかんだ結局は天然さんで、どこか抜けちゃってて、憎めないというか「あぁもう、可愛いんだから」と抱きしめたくなるような愛くるしさを持つ青年。…たまらなく愛しい。

 

そんなキラキラ太陽みたいな相葉ちゃんが好きな方にオススメしたいJUMPちゃんは…


だいちゃんこと有岡大貴くん。

 

実は相葉ちゃんとだいちゃん、2人とも千葉県出身。そして、ドラマも出るけど主にバラエティー班。やや天然だけど、そこそこ器用で足が速い。・・と、2人には共通点がちょこちょこある。

あと、私の中での、彼らの共通する魅力が、共にメンバーを年齢だけで考えたときにちょうど真ん中にいる、ということ。Hey!Say!JUMPのメンバー9人は、V6兄さんのトニセン・カミセンのようにHey!Say!BEST(5人)とHey!Say!7(4人)という兄グループ、弟グループに分かれており、だいちゃんはお兄ちゃんグループのBESTに所属しているんだけれども、BESTの5人の中では一番末っ子で弟グループの7とは2歳しか変わらない。JUMPちゃんたちはみんなとても仲良しだけれども、私のイメージでは、特にだいちゃんが一番BESTの子とも7の子とも仲良しで、架け橋のような存在になっているなぁと常々思っている。

相葉ちゃんも、嵐の中では年齢的にちょうど中間。架け橋とまではいかなくても、嵐5人の中で彼の存在は大きいなあと私は思っていて、相葉ちゃんは嵐メンバー全員と等しく仲がよく(あ、ごめん、にのあいは例外)、ちょっと変な言い方になるけど、どのメンバーであっても等しく皆と同じ雰囲気で接していて、癖のある関係性がないというか。翔潤だとか大宮だとかコンビにおける濃い要素はないけれど、相葉ちゃんの前だと、いい意味で相葉色に染まってるんだよね。(その骨頂が櫻葉だと私は実はひっそり思ってる。)まあ、智もそう感じるところもあるのだけれど、あくまで智からのベクトルであって、やっぱり一番は相葉ちゃんかなって。

だいちゃんも相葉ちゃんも人の良さゆえなのか、キャラクター的に憎めないキャラでメンバーみんなに等しく愛されてるなぁと。そういうところがすごく共通してると思ってる。


天然ぽいちょっと抜けていて、ついつい突っ込みたくなる、いじりたくなるところも2人の共通するところ。

ただ、嵐の場合は相葉ちゃんはどちらかもいうといじられポジションかなぁと思うけれど、JUMPちゃんの場合は完全ないじられポジションが確立しておらず、みんなフワフワとお互いにボケたり突っ込んだりしてる気がする。(なんというか、平和的でそこらにいる少年たちがわちゃわちゃしている感じなので、テレビ的には良いかわからないけど、ファンとしては十分見応えはある。)そんな中、今回発売された新アルバム「JUMPing CAR」にてだいちゃんが壮大なオチ要員となった曲が収録された。それは「viva 9's soul」という曲で、JUMP初のメンバー紹介ソングになっているのだけれど、だいちゃん以外の8人はラップでメンバーの特徴を表現している中、だいちゃんはまさかの「DJ DAIKI!」を連呼のみ。そして曲が終わるというメンバー紹介ソングとしてはなかなかの革命的な一曲。これは、だいちゃんのキャラクターを事務所として後押しするものではなかろうか。


ほんとにかわいくて明るくて、見ていると元気になれる、癒される、そんなだいちゃん。是非見守っていきたいです。