身勝手な想像に、愛を込めて

JUMPちゃん沼にハマった働くアラサーが知念侑李をひたすら愛でる想像ブログ。

JUMPing CARの感想とか その2(曲別編)

昨日は久々のコンパでして、解散後、そのまま女子だけでカラオケオールしちゃうというなかなか若々しいことをしてしまった。意外と元気に朝までテンション保てましたな・・まだまだいけるぜ☆(痛)JUMPing CAR歌う気満々でいったのに、まだ入ってなくて泣きそうだったから、smartの曲いっぱい歌ったわ。

ということで、623日にフラゲして以来、移動のお供はもちろんJUMPing CARの私。以前、一度感想は書きましたが、このJUMPing CAR、なかなかのスルメアルバムとなってます。聴けば聴くほどやばいね、これは。これはきっと私が生粋のジャニヲタのせいでしょう。(ジャニーズソングがなんだかんだ体に染み付いている。)

思うところが色々あるので、改めて、ちょっと1曲1曲感想を書かせてもらおうと思います。

 

ちなみに前回の感想。 

poco-ino.hatenablog.com

 

1.Fantasist

school girl」を思わせる目覚ましの音スタート。もうこの1曲で映画1本のストーリーが出来上がってるよね。いわゆる日常音が響く中、車のエンジンをかける音。そしてそのままどこかの世界へ迷い込んでいくような雰囲気。1:03あたりからのファンタジー洋画のバックで流れ出しそうな曲がめっちゃいい。わくわくする。曲終わりも、なんだろ真っ白い光に包まれて、また次の世界に入り込んでいくような終わり方が、まさしくJUMPing CARの世界観を出していてすごく素敵です。こういうイントロダクション的な曲ってそんなに好きじゃないんだけど、これはテーマに忠実ですごく好きです。

 

2.JUMPing CAR

タイトル曲。聴いていたら無意識に身体が踊りだしたくなるようなアップテンポな曲。イントロおよび間奏が特に好きかもしれない。(歌モノなのにごめん。)ただ、「真夏のSweetest honey」のやぶちねのハモリ結構ツボ。薮ちゃんの低音がいいよね。あとは、だいちゃんの「ア チチチ 砂浜 Jump!Jump!Jump!Jump!」とマリオのジャンプ音ね。天才だわ、ここ。もう大好き。そしてそのあとの伊野尾ちゃんの「キミを焦がすまで離さない」の甘アマボイスね。やられます。あとこれはレコーディング風景*1を見てから聴くと、またたまらない。特にありたかが二人で映ってるところ。もう可愛すぎてやられます。

 

3.Walk

この曲だいすきです。これは初めて聴いたときから「好き!」ってなった曲です。(2曲目にして徒歩かよっと思った人も多いでしょうが。)歌いだしがだいちゃんっていうところがほんとにいいし、「君と二人 踏みしめながら歩く」の「歩く」のマイナー系のメロディラインが大好き。サビのメロディラインも好きなんです。唯一「歩こう」だけ、伊野尾ちゃん一人ソロっていうのもあがるね。JUMPちゃんの爽やかな感じが曲にぴったり。女の子アイドルグループでも歌えそうだけどね。

 

4.SHen Shera Shen

タイトルはキスマイを彷彿させるようで、曲自体はNEWSっぽい。でも、結構この曲も好きです。JUMPing CAR→walk→SHen Shera Shenのこの流れが個人的にすごいいい。イントロとか曲間の声にエフェクトかけてるのが好きだな。これがもしコンサートのセトリに入るのなら絶対踊ってほしい。シェンシェラシェンゲパンダリロン♪

 

5.ウィークエンダー

働く会社員にとって珠玉の一曲ですわな。もう金・土に聴くだけであがる。(どうでもいいけど、昨日のカラオケの一曲目はこれでした。)何がどういいって音楽的なところは全然わかりませんが、キャッチーだし、JUMPちゃんの代表の1曲になりそうな感もありますね。だいちゃんのラップと山ちゃんの美声がね、いいよね。

 

6.キラキラ光れ

MV曲。「Come On A My House」「愛すればもっとハッピーライフ」に続くバーモント縛り曲。「増えればーもっと」ね、すごいです。個人的にメディアに推す曲としては「Ready Go」ほどのパンチ力はないかなぁ。可愛いんです。可愛いんだけどね。これはMVありきで可愛いなぁという感じかな。爽やかだしタイトル通りキラキラしてるし、アイドル感が高めの曲という印象。

 

7.愛よ、僕を導いてゆけ

キンキ先輩(イントロ-Bメロ)からのサビは嵐「Believe」でCメロおよびラップも嵐な曲。聴けば聴くほど、そういう風にしか聴こえない。でも、キンキっぽい曲を歌うJUMPちゃんに違和感を感じないから、やっぱりこれは大人になったのだなぁと思います。デビュー当初に歌ったら、やっぱ違ったと思う。キンキ先輩の曲は大好きなので、こういう切ないマイナー調な歌いだし最高です。大好きです。もっとこういう曲してほしい。カラオケで歌いたい。

「もし100万回君に『アイシテル』を届けても ついに君が僕に『YES』をくれなくても また100万回君に『アイシテル』を届けにゆこう」・・・改めて聴くとすげぇ歌詞だ。武田鉄矢も真っ青ですよ。(わかる人にわかればいい)

 

8.Fever

メロディラインとか勢いがエイト感MAX。もう「そこのけそこのけ よりどりBoom Boom」の「Boom Boom」で思わず、腰の位置に両手グーで添えちゃいそうになりますね。からの、「よろしく」。からの「錦飾れ よいよいよい」ね。(だいちゃんの「よろしく」は完璧。少年感。最高。)

 

9.Boys Don't Stop

絶対これコンサートのセトリ入り確実。絶対踊る。後半のダンスパートで入りそう。踊ってるJUMPちゃんたちを想像するだけでテンションあがっちゃう。「どこでも行こう Baby」の「Baby」で声のエフェクト効果抜群。(たぶん、声加工するアレンジ好きなんだろうな)Cメロ?前の間奏からのCメロ-大サビの流れが高まる。Cメロの歌割りを山ちゃんからの薮ちゃんにしてくださった方に感謝申し上げたい。最高、ほんと最高。この二人しかなかった。で、そのあとの「So get up さぁ 行こう」で山ちゃんに戻って山ちゃんに歌わせてくれたところも最高。ここは絶対山ちゃんが正解。声質とか歌い方的にほんと適役だと思う。これ生で聴いたら泣いちゃうかも。

 

10Dangerous

ちょっとサビが嵐要素入ってる感じ。でも世界観は「僕はVampire」。これもダンスソングですね。Boys Don't StopからのDangerous。曲順通りに踊ってほしいな。大人になったJUMPちゃんに是非レベル高めの踊りで魅せてほしい。(イメージ的には嵐の「時計じかけのアンブレラ」)

 

11Chau#

超絶きゃわきゃわソング。20代男子で違和感なく成立するのは、きっとあなたたちだけですよ。キラキラすぎて眩しいくらいです。

 

12.ヨワムシ★シューター

どなたかの感想ブログにタキツバ要素が入っているというのを読んで、いや、ほんとだわ、と思いました。曲名は忘れたけど、なんかの曲に雰囲気似てる。夏ソングですね。バンド曲らしいけど、これをバンド曲したのは面白いなぁと。でもたぶんテンポも一定でそんなに速くないし、やりやすいと思う。(実際、コンサートで生でやるのかはよくわかんないけど。)

 

13.明日へのYELL

裕翔の声ってこういう爽やか青春ソングがばっちしハマる声してるよなぁ。聴いていて清々しい。コンサートでもやるのかな。どうかな。タオル振り回しちゃうのかな。

 

14Farewell

これもややエイト感。でも、なんか引っかからない。嫌いじゃないんですけど。サビのメロディラインもキャッチーな感じなんだけど、どこかの女性アイドルグループが歌ってそうな。そんな雰囲気。好きなんだけど、覚えられない。不思議な曲です。

 

15Very Very Happy

なんだろ、なんかすごく安心感あります。これぞJUMPちゃんバラードソングって感じ。なんか「色々冒険してるけど、これからも挑戦していくけど、僕たちは変わらないよ」って言ってくれてるような気がして。ほっとしちゃって、泣いちゃうそうな。(いや、ほんと新規が何言ってんだって話。)あんまりバラード曲って個人的に聴く聴かない曲が激しいんだけど、この曲はすごく聴ける。最後アドリブ感でみんながバックでワーワー騒いでるのが謎。

 

(初回限定版1)

16.殺せんせーションズ

アレンジも変わって、歌割りもかわって、当たり前だけど、同じパートでも歌う人が変わるとこうも変わるのだなぁと楽しめる一曲な気がする。最後の「ヌルフフフ」は楽しんでやってんだろうなって感じです。ただ、どれが誰かの声を全く聞き分けられない・・・・。(修行が足りない)

 

17DISCO JOCKEY!!!

いやーほんと大好きな曲。聴くと自然と身体が動いてしまう。もうこういうアレンジとか曲調がすき。ベースがハマオカモトさんということもあがっちゃう。ベースソロ最高。かっこいい。あと、いまさらの告白なのですが、私はだいちゃんの歌声・声質・歌い方が大好きなんです。ほんとに。ツボ。Na Na Na~からの「Overnight~♪」の声!たまらん!だいすき!あと、「そう、君、綺麗・・・!!」の台詞とかもうもうもうもう(涙)表情想像ついちゃうよね。あの顔ですよね。目まんまるくしてね。口も卵型にあけてね。もちろん、いのおちゃんの「君は綺麗☆」もすきなんですけど。ちょっと今回ばかしはだいちゃんすきすぎてね。やられております。今、必死に掛け合いの部分、練習してます。なんか普通に聴いていると流しちゃって忘れちゃう。

 

(初回限定版2)

16.UNION

これは前記事で熱弁したため割愛。以下その記事。

 

poco-ino.hatenablog.com

 

17.ペットショップラブモーション

いやー・・・もうやられました。ネズミ、猫、ウサギ、犬。なんて可愛いの。もうどこまで心つかんでくるの。個人的大ヒットは、いのにゃんの「泣き止むまで 離さない」。ここのちょっとSっぽい感じ?猫なのに、猫なのに。もう母性が崩壊するよ。この一言でいけない妄想をしていまいそうになる。こんなに可愛い歌をあの4人がノリノリでしちゃってるところがね。レコーディング風景みたあとに聴いたら、これまたやばい。ゆとちねが可愛くて。ゅぅゃが可愛くて。いのにゃんが愛しくて。初めはちょっと可愛すぎて、むしろ引くくらいの衝撃だったんだけど、どんどん慣れてきてね、よくなってくるっていうね。まともな判断できなくなる。怖いです、中毒性あるわ、これ。

 

18.3月14日~の時計

さいしょのとけい。なんと奇抜なタイトルのつけ方をするんだ、山ちゃん。(ニノの「1994*4##111」を思い出したよ)バラード大好きな山ちゃんの山ちゃんによる山ちゃんのための歌。でも圭人もハモリおよびギターをがんばってる。山ちゃんと圭人の声ってすごく合うよね。きれいだなぁって思った。声質似てるのかな?これも結構スルメ曲で回数重ねる方がすごくよくなってくる。サビのメロディラインとかきれい。

 

(通常版)

16Viva!9's SOUL

初のメンバー紹介曲。申し訳ない。これ曲がすきじゃない(え)サビ?はJUMPっぽいんだけど、主軸となってるアレンジがあんまり。なんか、安っぽいんだよなぁ。あれ思い出す。「ヤマザキ一番」?(ごめん、すごい古い・・)ちょっと、違うんだけど。なんか感覚的な話。いやでも、こういう曲ができたことがありがたいし、うれしいし、歌詞はすきだし、コンサートでは是非盛り上がりたい。一人ずつスポットライト浴びて出てくるって想像しただけで、テンションあがっちゃうし、ちょっと泣いちゃう(え)

 

17Puppy Boo

JUMPメンバーに人気のおしゃれ曲。アレンジがジャズっぽい曲。歌詞とか世界観はすごく可愛らしい。歌いだしが伊野尾ちゃんってのがいい。この歌に一番声があってるよね。コンサートでどんな風に披露してくれるのか楽しみ。関係ないけど、こんな歌詞みたいな風に思ってくれる彼氏がほしい。(…)

 

書き上げた!達成感!満足!お付き合いありがとうございました!

そしてJUMPちゃん、ステキなアルバムをありがとうございます!これからもツアーまで聞き込みますよ!

 

*1:初回限定版2の特典映像