身勝手な想像に、愛を込めて

JUMPちゃん沼にハマった働くアラサーが知念侑李をひたすら愛でる想像ブログ。

JUMPing CARの感想とか ※6/26追記

フラゲしました。初回盤を二枚。(通常盤はいつでも買えるので、とりあえず買わず。)

 
あっさいあっさい感想です。

はじめにお伝えしておきたい。
私は、実は個人的に「smart」がほんと神アルバムだったんです。そもそも、元来ジャニーズっぽい曲よりロックが好きな人間なもので、通勤ソングもジャニーズ<ロック。正直、聴きたいから聴くと言うよりは、コンサートで戸惑わずに盛り上がりたいがために聴くというような動機でジャニーズを聴いていた私。(ジャニーズというかもはや嵐ね)そんな私が唯一めちゃくちゃリピしまくったのが「smart」だったのです。曲全部よかった!ほんと!何が具体的にいいって言い出すと曲語り出すことになるから割愛。まあ、とりあえず好きだった。
 
んで、今回のJUMPing CARの発売。結論から、言おう。総合的にまだsmart越えはしてない。(え…)ただ、これは多分、音楽的な趣味嗜好がかなり関わる話で、JUMPing CARは違った魅力があるのは事実。あっさい知識で私なりの予想見解をさせてもらいます。
発売前段階の宣伝でメンバーたちが今回のアルバムについて雑誌の記事やWS等で、「一周回って戻ってきた」「かっこいいとかわいいが成長した」「JUMPらしい」「新しくJUMPを知ってもらう方にこういうグループだとわかる」的な、あくまで的なことを言っていたけれど、いや、ほんとうまく言ったなぁと思う。
先に言っておく。私はロックが好きなので、ジャニーズの他のグループの曲をあんまり聞かない。そんなお前が何言ってんだよというツッコミ覚悟で以下書く。
今回のアルバムは、メロディーラインがすごい「ジャニーズぽいなぁ」って曲が結構あるというのが一番の感想。「SHen SHen SHen」とかちょっとサビがNEWS要素入ってる気がする。あと、ほとんどの曲に言えると思うのが、これをちょっと前の嵐が歌ってても全然違和感がないということ。すごく細かいけど、一曲の中にここは一昔の嵐っぽい。ここはJUMPっぽいっていうところが要所要所にある。たとえば、「Dangerous」とかJUMPの歌だなって思うけど、サビは嵐でもいけるな、みたいな。「DISCO JOCKY!!!」はサビすごいJUMPぽいけど、イントロのラーラーラー♪のとことかは一昔の嵐ぽいな的な。ちなみに一昔がポイント。「愛よ、僕を導いていけ」とかはAメロBメロはキンキっぽいけど、Cメロのラップおよびサビは嵐。(サビの出だしが「Believe」に似てる)んで、「Fever」は完全ちょい昔のエイト。(ブーンブーン!からのよーろしく!とか、サビ、そして錦飾れよいよいよいね。)逆にいうと、ほぼほぼ諸先輩方の雰囲気を網羅して自分達の歌にしちゃうあたりすごい。だって違和感がないから。JUMPちゃんの守備範囲の広さなめてました。どこまでかっさらうつもりだ。声なのかな。人数なのかな。理由はわからないけど。そして絶対的「ペットショップラブモーション」ね。テゴマスの「猫中毒」といい勝負です。(私的には勝ってるよ。自担バカだからね。)
 
全体的にアレンジは色々で、曲自体の世界観は多種多様な感じだから、ひかが言ってた、「JUMPing CAR」に乗っていろんな世界をドライブするという感じはよくわかる。曲の雰囲気とかアレンジは、やっぱり心身ともに成長したJUMPちゃんたちだからこそ歌えるのかなとも思う。
こういうジャニーズっぽい曲をちりばめたアルバムにしたのは、Hey!Say!JUMPの売り方の方向性なんだろうなと勝手に想像してます。「chau#」の歌の雰囲気および衣装からもわかるように、「可愛い」「アイドルっぽい」「王子様ぽい」「感じというんですかね。KAT-TUNKis-My-Ft2Sexy Zoneが「かっこいい」「Sexy」イメージを貫く中、きゃわきゃわ感100%をぶつけてきたJUMPちゃんたち。想像してほしい。キスマイやKAT-TUNがあの紫の衣装をきて、「甘ふわな~」なんて言う姿を。…ちょっと違和感を感じてしまうのは私だけじゃないはず。んーまだセクゾンはいけるかな。どうかな。エイトとかジャニーズWESTとかもね、なかなかおもしろいことになる予感しかしない。まあ、ある意味、隙間産業だよね。一周回って隙間、みたいなね。いや、だからといって今回のアルバムがそんな「かわいい」を全開にしてるわけじゃないんだけど、その「セクシーなかっこよさ」よりも「キラキラなかっこよさ」って言うのかな。「爽やかの塊」というのか「正統派ジャニーズ」というのか。うまくいえないけど。そこを推した感じがしている。いや、もうみんなわかってると思う。だからもう言わない。(あきらめた)
 
ただ、やっぱり残念なのが前作「smart」の「Come Back...?」や「RELOAD」ぽい曲がないというのは悲しい。(この2曲、だいすきだった)また「RWM」のようなかっこいいガツガツのダンスソングがないのも残念かなぁ。まぁ、ダンス推しのJUMPちゃんたちなので、ツアーでは「Boys Don't Stop」であたりでがっつり踊ってくれると思っております。
 
 
ということで、一曲一曲語りたいDVD特典のこともいいたいけど、とりあえずここらで一息入れます。(長く書くのは疲れるタイプ)
 
あと、最後にこれだけは言いたい。テレ東音楽祭のジャニーズメドレー最高。ズッコケ最高。